自家製燻製奮戦記2013年03月31日 21:10

今回は市販のスモークマシンで燻製に挑戦してみました。

去年のシーズン終盤に値下がっていたスモークマシンをなんとなく買って保管しておいたものを引っ張り出してデビュー戦です。
「あっ、コレかわいい!」ってカミさん子供が反応したのが購入の決め手でして・・・やっぱデザインって重要ですね。



BUNDOKやキャプテンスタッグから同じようなものが販売されているようですね。
ちなみにコレは聞いた事が無いメーカーで、もっと安かったです。




早速、食材を仕入れて説明書通りにセッティング。
しかし、スモークウッドに点火してフタをすると火がすぐに消えてしまいます。
窓を全開にしても消えてしまい話になりません。

この手の製品のレビューを見ると、燻製をしようとすると火が消えてしまうのは仕様のようでしょうがないらしいです・・・。
普通のバーベキューのグリルとして使うのが正しい使い方のようです。
う~ん・・・。




とりあえず、ガストーチと電動送風機を用意して、もう少し頑張ってみる事にしました。




このキャプテンスタッグの送風機、単一乾電池1本を使う仕様ですが、100円ショップのLEDライトの電池ホルダーを流用してニッケル水素電池3本でドライブしています。
なかなか、強力ですよ。

あ、余談ですが、この送風機は購入直後はファンの圧入が強すぎて主軸がロックしてて回りませんでしたよ。
まぁ価格なりという事で(^^;



で、これらを使った結果ですが・・・
送風機の威力は素晴らしく、そりゃぁもう良く燃えましてねぇ。
その凄まじい光景に、過去に封印した本能が復活しちゃいましてね。
それはもう燻製ではなく、丸焼き・・・

結果は、あまりのショックに写真は無しです(^^;





さて、このままバーベキューグリルにして諦めるのも手ですが、せっかくですので燻製器として使えるようにしてみようと思いまして、ネットで情報収集してお勉強。

どうやらスモークウッドに直接点火するよりも、チップの下から電熱器で加熱する方法のほうが良いらしい・・・
と、いう事で、電熱器として使えるものを探したところ、キッチンの奥からたこ焼き器が出てきました。
買ったものの、熱量が弱くてうまく焼けず1度使ったきりお蔵入りしていたものです。




バラしてみると、けっこうマトモなヒーターが付いています。
過熱防止のサーモスタットも付いていて、なかなかの安全仕様。
形状もまんまるですので、比較的簡単にできそうな予感。




ちゃっちゃっと改造完了!


通電して温度測定。
だいたい250℃まで上がったところでサーモスタットが作動。
その後約150℃まで下がったところで再度ヒーターONという動作。
かなり大雑把な制御のような気がしますし、これが丁度良い温度なのかどうか素人の私にはわからないわけで。




とりあえず、チップを載せて実践です。

しかし、やはりというか、ぜんぜん・・・煙らしきものは出てきません。
温度が低すぎるようです。




それじゃぁ、サーモスタットを外してしまえ!!
って事で、外してヒーター直結にしました。
大丈夫なのか(^^?




通電して温度測定。
すごい!350℃まで上がるようになりました。
この温度なら、イケそうな気がします。




チップを乗せてみると、けむいけむい!
目が痛い!!
うん、これならイケるでしょう!




チーズを入れて、フタをしました。
窓を開けると、煙が吹き出ます!!
このまま20分ほど燻して、コンセントを抜いて温度が下がるまで放置してみました。




で、出来上がったチーズ。
もうね、自分でもビックリするくらいの出来栄えですよ!!
198円の雪印6Pチーズが、高級スモークチーズに大変身ですよ!




裏側はこんな感じ。
もう、これ最高ですわ。
チーズフランスパンで、たまにチーズがカリカリの部分があるでしょ?
裏面一面、あれそのまんまですよ。
スモークの風味とカリカリチーズ・・・もう言葉にならんですハイ。

苦節1日、ここまで辿り着くことが出来ました。
しばらくは、毎週末は燻製になりそうです(^^;


コメント

_ 鶏侍 ― 2013年04月04日 02:38

初めましていつも自分には真似できそうにない記事ばかりで興味深く見ている者です。
最初に直接チップに点火されていたので思ったのですが、もしかしてこの燻製器は熱源の必要な細かいスモークチップではなく線香のように火を点ける固まりのスモークウッドを使うものだったのではないでしょうか?
スモークウッドは加熱し続けるよりは温度が上昇しないので生で食べられないものは注意が必要です。

_ りょうさん@電気スモーカー ― 2013年04月06日 20:47

鶏侍さん、はじめまして。
仰る通り、スモークウッド専用と思われます。
本体購入時も、SOTOのスモークウッドと一緒に購入しました。
でも、どうやっても消えちゃうんですよね・・・。
で、今回の改造となったわけですが・・・

どうも温度が上がり過ぎてしまうのが難点でして。
フタしたまま放置すると160度くらいになってしまいます。
本日、味付け卵をスモークしましたが、皮が硬くなってしまいました。
と、いうことで、温度調節器を製作する事にしました。
なんだか、泥沼にハマっていくような予感・・・(^^;

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://kousokuweb.asablo.jp/blog/2013/03/31/6762971/tb