アイワ CS-W99 修理遊び2016年09月25日 20:30

物凄く久々のブログ更新です。

いやぁ、前回の更新から約1年、あっという間でした。
40超えてからの時間の速さというのは、本当に恐ろしいものです。

そんな忙しい日々からの現実逃避でアルコール摂取量もガンガン増える一方で・・・
気がついたらポチってました(^^;
アイワのラジカセCS-W99です。
なんでポチったんだろう・・・送料のほうが高かったです。


そう、高機能ラジカセが輝いていた頃の末期モデルだったと思います。
WカセットでWリバース。しかもリバース録音もできる、もちろん回転ヘッド搭載です。
チューナーはAM/FMに加えテレビ音声までも、しかも音声多重です!
タイマーまでも搭載し、FMのみならずMTVエアチェックをターゲットにした意欲作でした。
まぁ、アナログ放送が終了してしまった今となってはもう・・・
入手するのが遅かったようです・・・。

ヤフオクで「電源のみ確認」というジャンク品。
届いて通電チェックしてみましたが、全く音が出ません。
何やっても出ません。

そうこうしているうちに、煙が出ました!!
なんてこったい!
何が電源確認だよ!

こりゃ捨てかなと諦めましたが、久々のジャンク修理ですので、腕試しで楽しみながらやってみようと気持ちを入れ替えてコツコツ開始しました。




バラします。

溶けてベトベトになったベルトがあちこちに散乱していて、それはもう地獄のような状態でしたよ。

ん~~、落下破損でしょうか。外装も内部基板もダメージを受けている印象です・・・。



発煙の原因はこのパワーアンプのICでした。
東芝のTA7233P。古いですねー!
今更こんなの入手するのは極めて困難なので、なんでもいいから使えそうな石に交換するしかありません。




で、探してみたところ、秋月で扱っているTA8207Kという石が使えそうなのでポチってみました。
周辺の定数はそのままでOK。若干ピンの加工のみで使えました。

これでバッチリ音が出るようになりました!

溶けたベルトでベトベトのメカを徹底的に清掃してベルト交換・・・。
手を真っ黒にしながらの作業で参ってしまったので写真は無しです。

ベルト交換を終え、テープを再生してみると異音が・・・。
両デッキ共、リールの動作が超絶不安定です。




リール周辺をバラしてみると、クラッチのフェルトがご覧の通りの状態で直結状態になっていたため、クラッチとしての滑りが確保できずギアが歯飛びを起こしていました。




手持ちのフェルトシートに張り替えます。
これでバッチリ!




さてこれで完璧かと思いきや、デッキ1が片方しか音が出ません。
調べてみると、回転ヘッドの配線がヘッド部分で断線していました。
回転のストレスによる疲労断線ですね。




と、まぁ、そんなこんだでなんとか直す事ができました。
若干ワウってますが、ラジカセなのでこんなもんかなと。

作業内容をまとめると

パワーアンプIC交換
メカ徹底清掃
ベルト交換
クラッチ修理
ハンドル割れ修理
基板割れ修理
ハンダ割れ修理
ヘッド配線断線修理
接点復活処理
電気系調整
ヘッドアジマス調整
外装は混浴洗浄・・・etc




・・・使わない機器がまた1つ増えてしまった(^^;;;

コールマン DUO LEDランタンの手直し2013年03月23日 21:54



夏のキャンプに備えて、コールマンのデュオLEDランタンを購入してみました。
たまたま立ち寄ったコールマン直営のアウトレット店に置いてあったのを見つけて、2980円という手ごろな価格とCPX6充電池にも対応している点に惹かれてお買い上げ(^^;
これのクアッド(4分割)の奴ならコストコにあったのをチェック済みですが、CPX6バッテリーに対応していないのと4つも要らないのと何より価格がネックで購入を躊躇っていたところでした。

「海外製品のため保証及び修理対応は出来ません」という事でしたが、まぁこの程度の物なら何かあっても自分でなんとか出来るだろうし、価格も価格なので諦めもつくしと割り切って購入。



DUOなのでドッキングステーション本体から2つのエリアライトを取り外して使えるランタンです。
予想以上に明るいです。

エリアライト単体での使用時間は約2.5時間ですが、本体装着時は使用時間も明るさもアップするというスグレモノ。

この明るさでこの価格なら、良い買い物でしたって事になるのですが・・・?



「海外製品なので~」って事ですが、ちゃんと日本語の説明書も入ってました。
調べてみると、2010年頃から販売されていたようですが、日本では正規ルートでの販売はされていないようです。

なんで??
何かあるのかな(^^?



脱着可能のエリアライトには1.2V600mAのニッケル水素電池が3本入っていました。
今から見ると少なめの容量ですが、これなら寿命になっても交換は容易ですし(100円ショップで入手可能)最新の1000mAに交換すれば、より長時間の使用が可能になります。



エリアライトを2つとも装着した状態で本体の電池接点に安定化電源でDC6ボルトを供給してみたところ、だいたい350mA程度の電流が流れました。
(テスターの10Aレンジでの計測ですので参考程度に)
これがエリアライト2つ分の充電電流という事になります。
けっこう、流れますね。
これじゃぁ本体に入れるアルカリ電池なんか、すぐに終わっちゃいそうです。



すると、わずか1分の経たないうちに約半分の電流値になってしまいました。
調べてみると、エリアライトの片側への充電がカットされていました。
片側だけ充電完了になったようです。
片側だけ満充電状態だったのでしょうか?なんで?アウトレットだから?
まぁ、とりあえずこの場はあまり深く考えず、このまま実験続行します。
このまま放置しておいたところ、翌朝には充電完了となって0mAになっていました。

充電完了になったので、次はランタイムの計測でもと始めたところ、最初に充電カットされた方のライトがあっという間に力尽きてしまいました。

充電されてないじゃん・・・



けっこう謎な実験結果だったので、いよいよ開封して調べてみます。
どのみち保証も修理対応もできない品物なので、ガンガンやっちゃいましょう!



手の入らない奥のほうに基板が見えます。
ネジが無いので、これ以上の分解は出来ない構造なんですね・・・。
本体の上部には吊り下げ用のハンドルが付いていますので、この部分の強度を出すために超音波溶着で組み立てられているようです。
まぁ、中国製なので単に生産工程削減の為だったのかもしれませんが。

これじゃぁ、基板の回路解析ができないですわ。


とりあえず、このままオリジナルの状態では、エリアライトを充電するためにわざわざアルカリ電池を購入してきてセットする必要があるわけで。
乾電池で充電池を充電って・・・これじゃぁ充電式でも激しく不経済&非効率。ちっともエコじゃないです。

そこで、外部電源で使用できるようにDCジャックを付けました。
もちろん、乾電池装着時でも使用できるように逆流防止のショットキーバリアダイオード(SBD)も付けました。
これで、ACアダプター等の外部電源で充電できますし、普段のベッドサイドの照明としても使えるようになりました。
って、なんで最初からこうしなかったのかが疑問です。



さて、準備が整ったところでこの3つの端子の解析に入ります。
一番右側が共通のマイナスで、電源のマイナスと共通です。

一番左側は、ドッキングステーション本体のライトスイッチをONにすると約6ボルトが出力されます。
若干電圧降下しているので、何らかの回路を介しているようです。

そして真ん中が充電供給用の端子です。
こちらは常時約6ボルトが出力されていますが、こちらも若干の電圧降下がありました。
その電圧降下(Vf)の感じからSBDを介して出力されていると思われます。
つまり、1つの電源からSBDを介して分流し、それぞれのエリアライトに独立供給させているようです。

余談ですが、ラジコンの世界では、ショットキーバリアダイオードの事を「ショッキーダイオード」と言っているようです。
これって、日本だけなのでしょうか。だとしたら、世界的な恥さらしですね。



さて、実験の準備も整いましたのであれこれ色々気が済むまでやってみます。

さきほどの充電電流が半分になる現象ですが、あれから何度やっても同じでした。
片側への充電がカットされる理由が、充電完了という事であれば問題ないのですが、困った事に無条件で充電カットになってしまう事がわかりました。
どちら側がカットされるのか探ってみたところ、最初に装着されていたエリアライトにのみ充電が行われ、後から装着したエリアライトには充電されない(すぐにカットされてしまう)事がわかりました。

エリアライトが最初から2個装着されていた状態で電源供給した場合は、各エリアライトの充電回路の立ち上がり速度のバラつきで、最初に立ち上がったほうに充電されるわけで、いわゆる「早押しクイズ」的なゲームに負けたほうは充電されないというわけです。

どうしても2つ充電させるには、2つ同時に装着させず1つずつ地道に充電させなければなりません。
ぜんぜん、DUOじゃないよ・・・。

うーん、これはどう見ても回路設計の時点で問題のある欠陥商品としか思えないぞ。
そうか、だから「海外商品だから保証も修理対応も出来ません」って事なんですね。
そうだよね、元々の仕様がこれじゃぁ修理なんか出来ないしね(っつーか分解できないし)。
でも量産しちゃったから、捨てるの勿体無いからアウトレットで安く放出しちゃえ!ってな流れでしょうか。
「海外製品」なのに日本語の説明書が付いてたり、パッケージ(外箱)不良ってわりには全然美品だったりと、今思えば不審な点も(^^;
っつーか、海外製品だからって・・・、じゃぁ今時、国産品って、あるの??

そういえば、「海外製品」を理由に保証修理対応できない旨を大きく表記していた商品は他にはありませんでしたね。
買う時もレジで店員さんにその旨説明を受けましたし。
なるほどね。メーカーさんも分かってたんですね。
これはもう、アウトレット品というよりも不良在庫処分のジャンク品って感じですかね。




こうなったら開けてみないことには始まりません。
覚悟を決めてこじ開けちゃいましょう!

開けてびっくり!てっきり超音波溶着だと思っていたら溝に圧入してあっただけでした!
接着剤の跡らしき物も見えますが、何かの拍子でスッコ抜けそうな構造です。
見なきゃ良かった部分かなぁ(^^;
でもまぁこれで基板とめでたくご対面です。

防水構造との事ですが、どう見ても雨水入り放題な構造にしか見えません。
剥がしたフタとの間にパッキンが入ってましたが、その隣には大穴が開いているので全く無意味です。
水しぶきくらいなら大丈夫かもしれませんが、突然の雨はアウトでしょうね。



早速、回路を解析・・・ってそんなたいした回路ではありません。
充電系は前途の通りダイオードで分流しているだけで、ランタンモードの電源回路として約330mAの定電流回路が2回路付いているだけでした。

ううむ、この基板を見る限りでは問題点は見当たらないぞ。
やっぱりエリアライト内の回路が怪しい気がします。
いや、もしかしたら充電の分流に使われているSBDの漏れ電流も影響しているのかな?



SBDを使わずに安定化電源でエリアライトに直接電源を供給したところ、問題なく充電できました。
5V時の充電電流は約100mA。これだと充電時間は6~7時間程度になってしまいますが、そのぶん電池には優しいですし(発熱量も全然違います)、キャンプ前日の夜にセットしておけば翌朝には充電完了になる時間ですので、私的には問題ないので5Vで行くことにしました。




基板に付いていたSBDを撤去し、代わりに5Vの3端子レギュレーターを付けました。
そのほかの変更点は

●乾電池からの充電を無効化
●エリアライトへの充電は外部電源(ACアダプター等)のみ
●乾電池と外部電源がカチ合わないようにSBDを追加
などです。

元々のフタは分解時に破壊してしまいましたので、新たにアルミ板で製作しました。
ちなみにこのアルミ板は、以前部品取り目的で入手し葬ったマランツの高級LDプレーヤーの天板です。
金色でブ厚く丈夫な板だったので捨てずに保管しておいたものです。やっと出番が来ました。

ウソくさい防水構造は見直しを行い、パッキンでしっかり行いました。
もちろん、スイッチも防水です。
これなら、ちょっとした雨くらいなら耐えられる・・・かな?



完成!というか復活かな(^^;
まだ取っ手が付いていませんが、長ナットにしておいたので後でじっくりお好みの物を買うなり作るなりして楽しみたいと思います。
その時の気分や目的で付け替えるなんてのもイイかも。

これでちゃんと2つ一緒に普通に充電できるようになりました。
何より外部電源での充電が可能になりましたのでとっても経済的!
その度に乾電池なんかで充電してられねーよって。

まぁ、乾電池で使うのが嫌ならCPX6バッテリーを買えって事なんでしょうけどね。
という事でそちらも購入してみました(^^;
しかしこれがまた・・・ランタン以上に・・・
こちらも後日記事にしなければならない内容でした(^^;

今回のこの件でコールマンに対するイメージは一気に下がりました。
大好きなメーカーだっただけに、もうガッカリですわ。
どうも、電気を載せた製品はダメっぽいですね。

企画と販売だけコールマンで、他は下請けに丸投げしているように見えます。
で、その丸投げされた下請けが中華に丸投げと・・・。
とにかく、あのコールマンとは思えないクォリティなんです。
もう、泣けてきます。

やっぱりコールマンは、電気じゃなくてホワイトガソリンを使った製品が一番ですね。
おかげでホワイトガソリンのランタンが欲しくなってしまった今日この頃です(^^;